ワードプレスのバックアップの取り方をわかりやすく解説!プラグインBackWPupで初心者でも簡単にできちゃうよ

初心者ブロガーの一歩先を行く、なかのっちです@fumikondatackle

それではWordPressブログの「バックアップの取り方」を解説していきますね。

※バックアップとは「WordPressブログのデータを保存しておくこと」です。

 

WordPressブログでバックアップを取るときの、おすすめプラグインはこれ!

backwpup

 

「BackWPup」をおすすめする理由

  • 自動でバックアップが取れるから!
  • いろいろなブロガーさんが勧めているから(笑)

 

WordPressブログのバックアップの取り方

では、実際にWordPressブログの「バックアップ」を一緒に取っていきましょう。

手順は次の4つです。

  1. 「BackWPup」をインストールする
  2. BackWPupで「ファイル&サーバー用」を設定する
  3. BackWPupで「データベース用」を設定する
  4. BackWPupで「ブログのバックアップ」を取る

 

ファイルやら、サーバーやら、データベースやら、なんかよく意味のわからない言葉が続きました。

でも、安心してください。

初心者ブロガーであるあなたは、今の段階では意味がわからなくてもOKです。とりあえず、この記事に従って設定していけば「ブログのバックアップ」が取れますから(笑)

いつの日か、WordPressに慣れてきた時に、あらためてググってみてください(^^

※参照サイト

「BackWPupで確実にWordPressのバックアップを取る方法」バズ部

バズ部のサイトのキャプチャ

 

「BackWPup」のインストール

はじめに「BackWPup」をインストールします。

「プラグイン」→「新規追加」をクリックして。

「キーワード」に「BackWPup」と入力します。backwpupをインストールします

 

「今すぐインストール」をクリック。

今すぐインストールをクリック

 

「有効化」をクリック。

有効化します

これでインストール完了です。

つぎは「BackWPup」の細かい設定をしていきます。

 

「BackWPup」の設定のやり方 ~ファイル&サーバー編~

まず「ファイル&サーバー」の設定をしていきます。

初心者ブロガーのあなたは今、きっとこう思っているのではないでしょうか?

あの~…「ファイル&サーバー」って何のことですか??

先ほども言いましたが、安心してください。

ボクもよくわかってないですから!(爆)

では、解説を続けますね。

 

「新規ジョブを追加」をクリックします。

新規ジョブを追加をクリック

 

「このジョブの名前」のところには、わかりやすい名前をつけておきます。

ボクは「ファイル(サーバー)のバックアップ」という名前にしました。

ファイル&サーバーの設定画面

 

「このジョブは…」のところに、5つのチェックボックスがあります。

上から2つ目の「ファイルのバックアップ」だけにチェックを入れます。

ファイルのバックアップのみにチェックを入れます

一番下の「アーカイブ名」は、そのままでOKです。

「そのままでOK」のことを、ブログの専門用語では「デフォルトでOK」と言うことがあります。

「デフォルト=初期状態」という意味です。しっかりと覚えておきましょうネ!

 

「アーカイブ形式」は「Zip」を選択します。

アーカイブの設定

※Windowsユーザーは「zip」を選択します。

※Macユーザーは「Tar GZip」を選択します。

 

画面を下へスクロールして「フォルダーへバックアップ」だけにチェックを入れます。

バックアップファイル

 

「ログの送信先メールアドレス」は、そのままでOKです。

ログファイルのメルアド

青色の「変更を保存」をクリックします。

 

つぎに「スケジュール」をクリックして「WordPressのcron」にチェックを入れます。

スケジュールの設定

 

「スケジューラーの種類」は「基本」にチェックを入れます。

基本にチェックを入れる

 

先ほど紹介した「バス部さん」のサイトを読むと、「ファイル&サーバー」のバックアップを取るのは1週間に1回くらいでOKと書いてありました。なので「毎週」にチェックを入れます。

スケジューラーの設定 

 

最後は「ファイル」と「宛先;フォルダー」の設定です。

よくわからないので、デフォルトのままでOKにしておきましょう!

ファイルと宛先フォルダーは、そのままでOKです

これで「ファイル&サーバー」の設定が完了です。

実際にバックアップを取ってみたいと思います。

 

バックアップの取り方 ~ファイル&サーバー編~

「ジョブ」を選択し「今すぐ実行」で完了です。

ジョブを選択し、今すぐ実行をクリックします

 

つぎに「バックアップしたデータ」のダウンロード方法を説明します。

まず「バックアップ」選択。

バックアップを選択します

 

「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードをクリックします

「Zip」形式のファイルがダウンロードされればOKです。

おつかれさまでした!

 

「BackWPup」の設定のやり方 ~データベース編~

つぎは「データベース」の設定です。

繰り返しお伝えしておきますが「データベース」の意味については、今の段階では悩まなくてもOKですので!華麗にスルーしてくださいね(笑)

 

はじめに「新規ジョブを追加」を選択します。

新規ジョブを追加をクリック

 

「このジョブの名前」を「データベースのバックアップ(毎日)」にします。

「このジョブは…」のところは「データベースのバックアップ」と「インストール済みのプラグイン一覧」にチェックを入れます。

ジョブの名前とジョブタスクとアーカイブ名を設定します。

「アーカイブ名」はデフォルトのままでOkです。

 

画面を下にスクロールして。

「アーカイブ形式」は「Zip」にチェック。

「バックアップファイルの保存方法」は「フォルダーへバックアップ」のみにチェックを入れます。

アーカイブ形式と保存方法

 

「ログファイル」はデフォルトのままでOKです。

ログファイルはデフォルトでOK

「変更を保存」をクリックします。

 

「スケジュール」を設定します。

「WordPressのcrom」と「毎日」にチェックをいれます。

スケジュールの設定

「変更を保存」をクリック。

 

つぎに「DBバックアップ」を設定します。

「GZip」にチェックをいれてください。他はデフォルトのままです。

DBバックアップでGZipを選択します

「プラグイン」と「宛先;フォルダー」は、そのままにしておきましょう。

「変更を保存」したら完了です。

 

バックアップの取り方 ~データベース編~

「ファイル&サーバー」のときと同じ手順で「データベース」のバックアップを取ってみましょう。

「ジョブ」を選択し「今すぐ実行」をクリックすればOkです。

データベースのバックアップを取ってみましょう

 

つぎに「バックアップしたデータ」のダウンロードしてみます。

「バックアップ」を選択し「ダウンロード」をクリックします。

バックアップを選択しダウンロードをクリック

「Zip」形式のファイルがダウンロードされればOKです。

おつかれさまでした!