まだ断捨離できなくて消耗してるの?「不思議なくらい心がスーッとする断捨離」やましたひでこ

本書を一言でまとめると

ちゃちゃっと全部捨てちゃいな!

もう少し詳しく、本書の内容を3つにまとめると。

  • 断捨離ではなく、捨→断→離の順番で実践する。
  • モノだけでなく、人間関係も捨断離してOK。
  • 捨断離3原則「モノは、持たない、もらわない、持ち込ませない。」

 

あなたは一時期ブームとなった断捨離をご存知だろうか。「要は、いらないモノを捨てろってことでしょ。」と思っているあなた。正解です。なので、がんがん捨てれる人や、そもそもモノをたくさん持たない人は、一切読む必要はありません。このページを読む時間ももったいないので、別のページをご覧ください。

では、なかなか捨てられない人だけ、続きをどうぞ。

 

断捨離ということばの響きと語呂がいいから、「断捨離」と呼ばれていますが、著者は「捨→断→離」の順番で実践することをオススメしています。まずはモノを捨てる。つぎに家などにモノを持ち込まない。この2つを実践しているうちに、自然とモノの執着から開放される、モノから離れられるんだよと著者は述べられています。

でも、理論が分かっても、なかなか実践できないですよね。そこで、具体的なハックも紹介されています。かいつまんで紹介すると。

モノの捨て方のコツ

  • ゴミに出す。
  • メルカリに出す。
  • 人にあげる。

 

使うモノ≠使えるモノ

実際に使っているモノと、使用できるモノは、違います。実際に使っているモノだけを身の回りにおいて、モノとして利用されていないものは、ばんばん捨てましょう。

 

捨断離のメリットとデメリット

メリット

  • 掃除がラクになる
  • 探したいものがすぐに見つかる。物が少ないので探すのがラク。
  • 友人を気軽に家に招ける。
  • 空気がキレイになる。

デメリット

  • 特になし。
  • 勢い余って、たまに必要なモノまで捨ててしまうことがでてくる。

人間関係も捨断離するといいみたいですね。

 

それでも捨てられないあなたへ

いらないモノを捨てる基準となる、ものさしを提供しますので、ぜひ参考にして、ぜひ実行してみてください。

  • 2年間来てない洋服は、2度と着ない。→捨てる。
  • 思い出の品をひっぱり出して、思い出にふけるほど暇じゃない。→捨てる。
  • 収納の奥にあって、取り出せないものは、そもそもいらない。→捨てる。
  • 存在を忘れていたものは、つまりいらないモノってこと。→捨てる。
  • 引っ越す。→思い切っていろいろ捨てられるので、これがベスト!

 

宿題

本を読んだだけでは、捨断離なんてできません。そう、実行あるのみ。というわけで、今日の宿題をやってみよう。

  1. しばらく着ていない洋服を捨てよう。
  2. 収納の一番奥にある、なかなか取り出せないモノも捨てましょう。
  3. まだ使えそうなモノは、メルカリに出品しよう。メルカリのアカウントを持っていない場合は、今すぐメルカリに登録しよう。
  4. メルカリを使いたくないのであれば、近所のリサイクルショプに持ち込もう。
  5. あなたがもし、どうしても捨てられない人であるならば、引っ越す。今よりも狭いところに引っ越せば、物理的に部屋に持ち込むことは不可能だから、必ず捨てられるのではないでしょうか。
  6. 捨断離の様子をブログやSNSでシェアしてください。