まだ現状でくすぶってるの?「まだ東京で消耗してるの?」イケダハヤト

 

本書を一言でまとめると、、、環境を変えれば、あなたの価値も変わるよ

もう少しだけ詳しく、本書の内容を3つにまとめると。

  • 田舎は都会にくらべて、子育ての環境がいい。
  • 田舎は食べ物と空気と水が美味しいので健康になる。
  • 田舎に移住すると妄想力がアップするので、妄想族には特にオススメ!

 

あなたは、時の人、イケダハヤト@IHayatoさんをご存知だろうか?もし知らないのであれば、ツイッターで検索して彼のブログを覗いてみよう。「まだ東京で消耗してるの?」という人気ブログの運営者がイケダさんだ。

ぼくが、イケダハヤトさんの「まだ東京で消耗しているの?」を知ったのは、2~3年くらい前だと思います。たしかツイッターのタイムラインに「まだ東京で消耗しているの?」という文言を目にしたのが初めての出会いかと記憶しています。

当時のぼくは、強烈に東京へのあこがれをもっていたので、「なんで高知になんか移住してんだよ。」とか、「都会の生活に疲れた人が田舎から煽ってんのかな~。」ぐらいに思っていて、その時は気にも留めていませんでした。もちろん、クリックして、著者のブログを訪れることもありませんでした。

しかし、時は流れ、イケダさんの発信を目にする機会が増えてきたことで、少しずつイケダさんのツイートに惹かれていったような気がします。「接触頻度の法則」、恐るべしですね。

ツイッターやネット界隈では、ヒジョーにディスられることが多いイケダハヤト氏ですが、ぼくは彼の発言には、ほぼほぼ賛成してますね。考え方も、とても納得できることが多いです。たぶん、ぼくは世間一般の人とは感覚がちょっぴりズレているのだと思います。

というわけで、著者@IHayatoのツイッターでの発言に注目していたので、『まだ東京で消耗しているの?』の書籍がでたときには、わりとすぐに購入しました。で、今日、全部読み終わりましたよ。

イケダさんは自分自身のことをコミュ障気味と語っておられますが、ぼくはぜひ一度、高知へ遊びに行って、いろいろ話を聞きたいと思いましたね。イケダさんは迷惑でしょうけど。

もしくは、ブロガー祭りとか企画して、みんなで遊んだら楽しいんだろうな~と思いましたね。

現状に不満をもっている方や、東京砂漠で消耗している方は、本書をいちど手にとってみられてはいかがでしょうか。

 

宿題

本を読んで、一瞬だけモチベーションがアップしても、そのモチベーションはすぐに下がっていきますよ。読んだだけでは、あなたの人生は何も変わりません。というわけで、今日もワークをやってみよう。

  1. やりたくないことリストをノートに書こう。やりたいことリストも書きたくなるところだが、あえて「やりたくないことリスト」に絞って書くことがポイントだ。イケダハヤトさんも書いてますが、やりたいことはどんどん変わっていくので、あんまりやりたいことをキッチリ決めないほうがいいみたいだぞ。
  2. ツイッターをはじめよう。始めたらすぐに、オラ@fumikondatackle のこともフォローしてくれよな!
  3. この勢いでブログもはじめてみよう。

  4. このブログを読んでツイッターのアカウントを開設する人は、だいたい100人に1人。およそ100万人が見たとして、その1%だから約1万人。

  5. さらにブログもはじめちゃった人は、1万人の1%で約100人。たった2つの行動をやっただけで、100万人のトップ100人の仲間入りだ。あなたは、かなりの行動派だといえるだろう。

  6. さあ、次は高知県の嶺北地方に引っ越すだけだ。たった3つの行動をするだけで、あなたは100万人に1人の人材になれるのだ!Good Luck!