八木仁平さんの講演会に行ってないけど勝手にレポート書いちゃった話 #やぎまじ

八木仁平さんの講演会のレポート

初心者ブロガーの一歩先を行く、なかのっちです@fumikondatackle

今日は、先日行われた八木仁平さんの講演会に行ってないのに、講演会のレポートを勝手に書いて届けたいと思います。講演会の情報は、ブログのレポート記事や、twitterのハッシュタグ#やぎまじを参照しました。

注:本レポートはネットに散らばっていた情報をテキトーに解釈してまとめたものですので、内容などはまったくもって正確ではありません。テキトーに読んで、テキトーにお楽しみください。

 

八木仁平流!発信力を鍛えて好き勝手に生きる方法とは

どうやら、5つのステップを繰り返していけばよいみたいですね。では、もうちょっと詳しくみていきましょう。

 

自分の提供できることを発信すればOK!?

ブログでもtwitterでも、なにか有益なことを書かなきゃいけない!って、あなたは思い込んでいませんか?

いいことを書かなくちゃイケナイと思い込んで、ブログを書く手が止まってしまっていませんか?

でも、大丈夫。誰にだって「誰かのためになる情報を発信できるんだよ!」と八木仁平さんは繰り返し語られています。

 

何か特別な経験をしていなくても、誰かのお役に立てることって、じつはたくさんあるんですよね。気づいてないだけで。

 

例えば、あなたの好きなラーメン屋さんがありますよね。あなたにとっては、当たり前の存在であるラーメン屋さんですが。今日、あなたの住む街に引っ越してきた方にとっては、おいしいラーメン屋さんの情報はとても価値ある情報になったりします

 

もしあなたが新規OPENしたカフェに行ってきたとして。そのカフェで電源が使えることが分かったとしたら、それをブログやSNSで紹介すれば、きっと誰かの役に立つはずです。

  • スマホの充電をしたい人
  • ちょっとパソコンを開いて作業がしたい人
  • カフェ巡りが大好きな人

などなど、誰の役に立つかはわからないけど、きっと誰かのお役には立っているはず。

 

自分の好き嫌いも添えて発信する

賛否両論はあって当たり前。ていうか全員に好かれる必要なんてまったくない。八方美人になって当たり障りのない意見を言ってみたり、本心をちょっぴりおさえて「よいしょ発言」をすることは、ボクにはムリ(笑)

やっぱり好き勝手に発言するほうが楽だし、続くよね。

でも、何でもかんでも自分の好きなことを言っていればいいかというと、そうでもなくて。やっぱり社会がもとめる「需要」と重なる部分が絶対に必要になります。

 

信用の蓄積=信頼残高を増やす!?

社会から求められていることと、かけ離れた発言をしていても、しょせんそれは素人のおしゃべりレベル。誰もそのワードを「検索窓」には入力してくれません。

誰かが求めていること=需要

を発信していくことが大前提となります。

要は自己満足だけじゃダメってことね。

 

では社会から求められていること=「需要」は、どうやって見つければいいのでしょうか?

需要の見つけ方は、講演の中でも語られていたようですね。

ふむふむ。メモメモ(笑)

 

やれ「需要」だとか。やれ「社会に貢献することを発言しなきゃ」だとか。こむずかしく考えなくてもよくって。

ちょっとしたことを誰かに軽い気もちでアドバイスすれば、それでOKなんですよね。

 

講演会に行ってないのにレポート記事を書いてみた感想

なんか、講演会に行ってきた気分になれました(笑)

 

参考にさせていただいた記事のご紹介

行ってない講演会のレポート記事作成の際に、参考にさせていただいたページの紹介です。

1.りなやさんの記事はこちら

【やぎまじ参戦レポート】1ヶ月ぶりにやぎぺー氏に再会してさらなる刺激を受けてきたって話!

2.じょりさんの記事はこちら

【やぎまじレポ】情報だけでは人は動かない。発信する上で必要なものは感情だった。

3.チヒロさんの記事はこちら

プロブロガー八木仁平さんの「発信力を鍛えて好き勝手生きる方法」とは?