「ゼロ」は堀江貴文さんの伝記です。

結論

生き急げ!

3つにまとめると

  • やる気と工夫があれば、長野の寒い部屋からでもメルマガを遅配せずに発行し続けられる。
  • 小さな成功体験を積み重ねよう。
  • やりたいことは全部やれ!

 

読書感想文

あなたは、堀江貴文の伝記を読んだことがあるだろうか。本書『ゼロ』は、堀江さんの伝記みたいなもんである。なぜにタイトルがゼロなのか、読めば分かるだろう。

でもこのゼロってタイトルに、こんな小話があるのをあなたはご存知だろうか?

ゼロの著者と編集チームは、100万部プロジェクトを組んで、メルマガで紹介したり、各種SNSで拡散を図ったり、地方を含めた書店への地道なドブ板営業を繰り返したりしていた。しかし、100万部は達成できなかった。

100万部を目指しているという話を聞いた、とある大物プロデューサーは、堀江さんに一言。

ミスターX
「ゼロってタイトルじゃ、100万部はムリだよね。まあ、いって50万部ってとこかな」

みたいに言ったらしいです。

このセリフは誰が言ったと思います?

とある作詞家兼アイドルプロデューサーです。

では彼だったら、100万部を売るためには、どんなタイトルをつけるのか?ちなみに、過去に100万部超えのミリオンセラーとなった書籍をググってみました。

あなたは何が1位だと思いますか?ぼくの予想は、窓際のトットちゃんか、大往生かなと思います。

約176万部『夢を叶えるゾウ』

水野敬也さんの出世作ですね。水野さんは、自作の「のぼり旗」を背負って、ドブ板営業とサイン会を地道にしながら、さらに手売りもやっていたそうです。

約201万部 『金持ち父さん 貧乏父さん』

ロバートキヨサキさんの、超有名ベストセラーですね。ぼくは読んだことはないけど。

約221万部 『東京タワー』

コレ、ぼくの大好きな小説!こんど、感想文を書きます!リリー・フランキーさんの出演しているTV番組、ココリコミラクルタイプも大好きでした。

約231万部 『遺書』

ダウンタウン松っちゃんの語り口は、思春期のぼくに、かなり影響を与えましたね。

約241万部 『大往生』

あ~、残念。永六輔さんのヒット作は、もっと売れているイメージでしたが。

約275万部 『もしドラ』

前田敦子さん主演で映画になっていました。わりと分厚い本なのですが、300万部弱も売れてたんですね。驚きです。表紙に萌え系のキャラクターを使った手法も、いままでのビジネス本には無かったやり方でした。たしかに書店でも目立っていましたね。

約439万部 『バカの壁』

日本国民の約30人に1人が買っている計算になります。これも読んだことはありませんが、何か乗り越えなれない「壁」について論じているんだと思います。ぼくも今「WordPress作成の壁」や「GoogleAnalytics&SearchConsoleの壁」にぶち当たっています(笑)。この壁を乗り越えられるか越えられないかで、成果や収入が変わってくるんでしょうね。

約479万部 『五体不満足』

うわ~。すごい売れてたんですね。最近、ちょうど読みたいと思っていたところなんです。このまえ図書館で借りてきて、2ページぐらい読んだだけで返却日が来てしまいました(爆)。次こそは買ってきて読みますね。

約580万部 『窓際のトットちゃん』

ぼくは小学生か中学生のときに読みました。ぼくがこの本の中で今でも心に残っている名言があるんですけど。それは、トットちゃんがトイレに何かを落としちゃって、その落としたモノが大事にしていたものだったんですよね。それで、トットちゃんはボットン便所の中に落としたものを探すために、下水タンクから、うんこを全部取り出しはじめて、周り中にうんこを撒き散らかしている場面があるんですよね。

その様子を見かけた校長先生がトットちゃんに声をかけるんですけど。そのときの校長先生の一言が、今でもぼくの頭から離れないんですよね。

「ちゃんと戻しとけよ。」

※ぼくの記憶なので正確な引用ではありません。

なんか感動しません?なんか良くないですか、このセリフ。なんていうか、ぼくも、トットちゃんほどではないですが、ガミガミと怒られてしまうタチだったので、この校長先生のセリフには衝撃をうけたんですよね。

校長先生は、うんこを撒き散らかしているトットちゃんのことを、決して怒ったり注意したりはしなかったんですよね。だって、トットちゃんは探しものをしていただけで、何も悪いことをしようと思っていたわけではないのですから。校長先生の対応がクールですよね。

このときボクは誓ったんですよね。ぼくが将来、学校の先生になったり、子どもを授かって父親になったりしたときに、学校の児童や自分の子どもが、汲み取り式の便所に何かを落として、下水からうんこを取り出し始めているのを目の当たりにしたら。ぜったいにトットちゃんの校長先生みたいに、クールなセリフを吐こうって。まあ現実には、ほぼ水洗トイレに変わっちゃってますけど。

話が少し脱線してしまいましたので、元に戻すと。秋元康さんだったら、堀江さんの「ゼロ」を100万部売るために、どんなタイトルをつけるのか?

それは、ちょっと分かりません。直接、秋元さんに聞いてみないとね!

宿題

  1. 自信がない人は、何か小さなことを達成しよう。どんなに小さなことでもOKだ。何をすればいいかって?どうしても思い浮かばないときは、twitterでボク@fumikondatackleにメッセージをくれよな。
  2. やりたいことを紙に書こう。そして、全部やってみよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です